アクセスカウンタ

the-earth

プロフィール

ブログ名
the-earth
ブログ紹介
過去・現在・未来に想いをはせながら、ブログの更新をして参りたいと思います。写真をみて、読んでくださる方が其々のイメージを膨らませていただければ幸いです!
HP*http://www.eminakamura.jp
zoom RSS

準備etc…

2017/10/16 03:18
画像

来月、再来月の巡回展の準備から、来年4月も含めて、準備や動きをしています。
仕事が捗りますのが、夜中の静かな時間帯。今は、雨音をBGM代わりに…。
昨年、8月ミッドタウンで初の個展、4月の名古屋の巡回展では、写真集製作、11月の仙台では…?と色々、自分なりに絞り中。
左脳と右脳をフルに使って?最後は、ハートに従って…。できる限り頑張ります。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


友人の写真展のお知らせ

2017/10/06 00:43
画像

以前に南極・ウェッデル海の撮影で出かけた際に、同室でお世話になりました岸本登巳子さんの写真展が、来週、『銀座のギャラリーいず』 にて、個展が開催されます。
展示写真は、アラスカ、南極、ケニアと多岐にわたる撮影地で出会った動物達の写真展です。
期間は、10月10日(火)〜10月15日(日) 時間は、10:00〜19:00
どうぞ、皆様、是非、足をお運びください。
画像

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


表現すること

2017/10/02 00:24
画像

11月から写真の巡回が始まります。
それを含め、来年の春までの予定を考えつつも、写真での表現、言葉の表現、自身の今の気持ちをうまく出すことが出来ない気持ちを抱えています。
そんなナイーブじゃないでしょ?と誰かの声が聞こえてきそうですが、現実的な世界(物質界)と微細な表現の世界の狭間で自分の気持ちがいったりきたりしています。
アフリカの草原で、無心に草を食む象のように気持ちの遊び心を忘れずにいたいと思う今日この頃です。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


リサ・ラーソン展

2017/09/24 17:41
画像

招待券を頂いていたため、所用の帰りにリサ・ラーソン展へ。会期終了間近に行くことが出来ました。
北欧のアート好きとしては、この展示会は楽しい時間でした。
今回は、リサ・ラーソンさんの陶器の展示作品群が、様々展覧。
よく知っている作品から、こんな作品まで創作されているのだということに驚きました。
海外の作家さんは、自分を取り巻く環境や国の現状や、文化的なものを作品に色濃く創られていることを実感します。展示会以上に、グッズコーナーが溢れる人ばかりで、びっくりし、日本の国の現状を垣間見た次第。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


秋〜Autumn

2017/09/23 23:05
画像

すっかり、秋の風と虫の声。
最近、気象状況がおかしくなってきたとはいえ、やはり、日本は、四季の移ろいを感じる国。
花は、あまり頻繁には撮影しませんが、季節の変わり目の花々は、私たちに間違いなく、次の季節の準備をするよう語りかけてくれている気がして撮影したくなります。
そろそろ私も本腰を入れて準備しなければ…。
画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


横浜トリエンナーレ2017 島と星座とガラパゴス2

2017/09/15 00:23
画像

この作品は、イタリアのミラノ出身のPaola PIVIさんのもの。ハードな考えさせられる作品が多い中、彼女の作品は、明るい方へ誘ってくれます。
そのほか、ガラスで造ったパペットの映画などなど、見どころ満載です。
3年に1度の芸術祭、ぜひ、足を運ばれてみてください。
私自身は、この会場で、改めて感じたことは、この地球は、誰のものでもなく、生きとし生けるもの全てのものであること。
本来は、国境もなく、自由に行き来し、制限なく、平和に生きること。
思いやりと争いのない、エゴのない世界こそ、地球が求めているものなのではないかと感じました。
画像

ハチドリが、小さく描かれているこの絵にも惹かれました。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


横浜トリエンナーレ2017 島と星座とガラパゴス

2017/09/15 00:03
画像

昨日、ご招待チケットを頂き、仕事も兼ねて、横浜トリエンナーレ2017へ〜。
島と星座とガラパゴスは、「接続性」と「孤立」から、世界のいまをどう考えるか…が、テーマになっています。
会場は3ヶ所にありますが、美術館だけで約1日を費やしました。
会場正面で、カラフルな柱が立っているのを遠目で見て、近くで再確認。
難民の方々が実際に使ったライフジャケット、そして、救命ボートはレプリカではありますが、この作品は、
AI Weiwei氏の作品。
画像

その難民の方々が、大海を木の葉のようなゴムボートに乗り、スマホで潮目を探りながら、シリアからの難民はギリシャのレスボス島へ、アフリカ難民が辿り着くイタリアの島は、ランペルーザ島へと辿り着くのだそうですが、そのスマホの潮目の画像が、次の写真。
画像

また、2004年に北極圏で、後退した氷河の下から現れた地図にない島を発見したことをきっかけに、独立国家を立ち上げるプロジェクト「Nowhereisiland(どこにもない島・ここが国土)」で、国家とは、国土とは何かを考えさせられました。
スバールバル諸島知事の書面も添付されていました。各国、それぞれ抱えている問題や、取り巻く環境で、アーティストは様々な表現をし、私たちに問いかけています。
画像

(氷河の中から現れた島の1部の岩)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

the-earth/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる